状況に応じて選ぶ

土地を借りて住居などを建てる場合、建物を所有する権利を得るために、借地権を地主の許可を得た上で所有します。借地権は売却することが可能で、建物を処分したいときなどに売却されるのですが、借地権は土地の使用にも関係しているため、地主の許可が欠かせません。このとき専門家に相談することで、より円滑に交渉が進められるようになるので、まずはどんな専門家に相談するべきか考えましょう。

参照資料~http://syakuchi-kaitori.com/

借地権の売却を専門家に相談する際は、状況に応じて相談する相手を考えましょう。はじめから地主に話を通しておいて、売却についてある程度理解を示しているなら、不動産会社など、すぐに売却に関する手続きの準備などを進められる企業に相談したほうが、早く買い手を見つけられるでしょう。もちろん地主との交渉についても、長年の経験からアドバイスを行い、お互いに不利益が派生しないよう配慮します。

もし地主が売却交渉に応じてくれないときは、弁護士に相談するのも一つの手です。建物を所有する権利を持っている以上、土地についての権限はなくとも、建物をどう使うかは自分の自由なので、その旨を説明するとともに、場合によっては裁判所から許可を得て地主の反対を押し通して売却することも可能です。とはいえ事前に時間をかけて交渉を行うので、そこまで大きな事態になる前に、お互い納得した上で借地権を売却することも出来るでしょう。

 

直接話を聞いて選ぶ

借地権の売却は地主との交渉や買い手との値段交渉など、何かと話し合いが多く、専門知識がないととても対応できません。そのため借地権を売却する際は、専門の法律事務所や不動産会社などに相談するのが基本です。法律事務所や不動産会社はたくさんあるので、どこに相談するかで結果に違いが出るかもしれません。どこに相談するかは、なるべく時間をかけて慎重に選ぶようにしてください。

借地権の売却についてのサポートを依頼する際は、借地権についてのサポートを専門に行っているところを探しましょう。法律事務所にしろ不動産会社にしろ、それぞれの得意分野があり、得意分野でない場合は大きな成果を上げることは難しいでしょう。大抵は何が専門なのかアピールしているので、公式サイトやパンフレットなどを参考にしつつ、より安心して相談できそうなところを探しましょう。

何より一番大切なことは、直接話を聞いて相談相手を選ぶことです。どんなに評判が良く手も、実際に話を聞いてみて、あまり良い印象を受けないところは、最後まで相談しても、不満を感じる結果になることが多いです。無料相談などを行っているところも多いので、まずは話を聞いてみて、第一印象が良かったところに候補を絞り込みましょう。場合によっては多少相談料を支払うことになっても、より信頼できる事務所や企業を選ぶことが肝心です。