借地権売却と専門家

借地権は、地主から借りた土地に住居などを建て、それを所有するための権利です。借地権は一定の契約期間が設定されており、建築した建物に応じて契約内容が異なるため、場合によっては更新の許可が求められたり、建物の取り壊しなどを行います。契約どおりに進めば何の問題もないのですが、やはり土地に関する取引にはトラブルが多く、借地権を売却しようとしたり、更新を認めてくれなかったりと、実に多くのトラブルが報告されています。そうしたトラブルによる被害を防ぐためにも、専門家に相談しましょう。

借地権の売却に関する相談は、法律事務所や不動産会社など、様々な専門家が受け付けています。借地権売却については、借地権の取り扱いも行っている不動産会社に相談するのが一般的ですが、地主などとの交渉がこじれてしまったときなどは、弁護士に相談するケースに発展することもあります。借地権に限らず、個人間の土地のやり取りは第三者を間に挟むことで、当事者同士で話し合うよりも円滑に進むことが多いので、専門家の知識はもちろんですが、それ以上に自分たちを落ち着けるためにも、そばにいてもらいましょう。

借地権売却の相談を任せれば、地主との交渉を上手く進めることが出来ますし、適正価格や買い手の捜索についてもサポートしてもらえます。場合によっては不動産会社が買い取ることもあるので、多少相場より安くても構わないから、早めに売却してしまいたいときは、自身で買い取りも行っている企業に相談すると、よりスムーズに借地権を売却することが出来るでしょう。